コンプレックスのお肌と向き合った話②

スキンケア

 

こんにちは。

 

たからです🌸

 

よく考えるとお肌の改善のために始まった、生活の変容。

 

今日はマクロビ 後のことを。

 

糖質について考える

 

 

頑張りまくっていた頃↓

 

マクロビをしていたころ、明らかにご飯の量や、糖質の多いものばかり食べていたと思います。

食べても食べてもお腹が空く😫

 

これは栄養不足と糖質過剰のサインでした。

 

 

 

 

れんこんボール(れんこんすりおろし、人参すりおろし、小麦粉)

お好み焼き(おそらく残り物)

米粉豆乳グラタン(マカロニ&コーン入り)

ひじきご飯

どれもとっても美味しいんですがね。

糖質まみれですよね。笑

 

根菜類、小麦粉やトウモロコシ、米粉といった炭水化物。

たんぱく質は豆類で補うにしろ、限界があるし、油分も全然足りてませんでした。

 

糖質が多いと老いのスピードも加速するといわれています。

そりゃお肌 砂漠になるわな🤣

 

十分な栄養が足りていなかったことや糖質過剰、間違った菜食をしていたことに気づかせてくださったのは、内海聡さんの投稿でした。

まさに当てはまることばかりで(゚∀゚)

1人ずつの体質も、その時に必要なものも、全てが人それぞれだということを学びました。

人それぞれ体が喜ぶ食べ物は違うだろうし、これがカラダに良い!という食べ物は存在しないのでしょうね。

なんでも食べられる健康なカラダとココロ。

そこに行きつきました(*´-`)

 

ジビエをいただく

マクロビ等の本を読んだおかげで、環境問題や添加物が及ぼすカラダへの影響について、すごく考えさせられました。

 

地産地消

身土不二

 

たんぱく質の大切さを身をもって感じ、 地のもので、自然に近いものをありがたくいただきたいと思うようになりました。

父のおかげで、鹿肉や猪肉といったジビエをいただく機会が増え、カラダに力が入っていくのを実感!!😳

偏っていたカラダのバランスを整えるのに、ジビエをたくさんいただきました。

 

鹿肉の赤ワイントマト煮込み🍅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ではなんでもいただきますが、バランスって難しいですよね〜。

 

カラダが喜ぶもの✨

それが毎日意識することです😊

 

そして、そこから少しずつでしたが、肌に油分が戻ってきた!!!😳

 

しかし、かさかさが減っただけで、美しくなるには限界がありました。

 

そんなこんなで、そこからの肌への効果も期待して、よもぎ蒸しをするようになりました。

 

 

よもぎ蒸し前後のケア

よもぎ蒸しの前にメイクを落とす。

終わってから潤いを与えて、保湿する。

 

何を使えばいいのか、そこを探しはじめました。

 

またいろいろ試しましたよ。笑

 

ゴーヤ水、ヘチマ水、海洋深層水、会社名等書けませんが、他にも3社。

 

全部添加物なしで、天然の材料のみのもの。だいたい3ヶ月で使い切るタイプです。

 

悪くはなりません☀️

肌がもともと綺麗な方は十分かもしれません。

しかし、私のお肌は一時のことを思うと改善したものの、昔のまま。

目が悪いのと同じように、これから良くなっていくことはないのかな(´ー`)

子育てもあるし、自分のことに使える時間もお金も限られてる!

ありのまま、自然の姿を受け入れよう….としていたときでした。

 

前からブログを拝見してた、22年自然治療家をされている外山ユミさんが、自然治療で5年かかるアトピーが、これを使うと数ヶ月で…というのを目にしました。

 

元祖自然派!という方が美容業界に!という記事でした。

 

こんな怪しい←コラ 機械で

本当に肌が綺麗になるのか?

 

量子力学?

遺伝子を動かす?

 

さあまたこれを購入するかの葛藤が始まります😂

 

まさかここから、自分の内面と更に 向き合うことになるとわ!

一番私の人生にひっついてきた余計な感情🌚

 

それを次回は書こうと思います♬

コメント